男を追わせる女性のラインの5つのパターン

女性であれば、好きな人と上手に恋愛をしたいと思います。自分ばかりが好きでいるより、相手に求めて欲しいと思うのではないでしょうか。

ラインが恋愛の手段として欠かせないものになってきた今、使い方によっては彼の気持ちが離れていってしまう場合もあります。男性から追いかけられないと「自分には魅力がない」と不安な気持ちが大きくなり、恋愛が苦手になってしまうパターンもあります。

そんな時、周りを見ていたら男性に追いかけられている女性に気がつきます。追いかけられている女性とは、どのうような態度で男性に接しているのでしょうか。男から「追いかけたい」と思ってもらうために、男を追わせる女性のラインの5つのパターンについてお伝えします。



 男が追いかけたいと思う女性のライン5パターン

恋愛においていつも追われている女性がいます。特に何かしている訳ではないのに、いつも男性を惹きつけている女性は羨ましく思います。

そこで恋愛の手段であるラインにおいて、男が追いたいと思う女性がどんなラインを送っているのか5つのパターンについてお伝えします。

【パターン1】あまりラインが来ない

男性は昔、狩をして獲物を獲得していた狩猟本能があります。気に入った女性を何とかして手に入れたいと思い、手に入れるまでは必死でアプローチしてきます。しかし、交際が始まれば安心してしまい、それまで頻繁にラインが送られてきていたとしても、女性に対してあまり送らなくなってしまいます。そんな時、女性から頻繁に「好き好き」と言われてしまうと興味をなくしてしまいます。

そんな男性心理を知り、あえてラインを送らないようにすれば、男性は「何故ラインが来ないのだろう?」と気になり出します。

追いかけてもらうには、男性が「会いたい」「好きだ」という気持ちになることが大切です。あまりラインが来ない女性に対して男は追ってみたくなるものです。

【パターン2】既読スルーされる

誰でも経験したことがある「既読スルー」。

既読スルーされると「何故返信が来ないのか」「おかしいな」という気持ちになります。

仕事で忙しい時など追われる女性は自分のペースを守る事を大切にしていて、既読スルーを気にしません。時間が経ってから「仕事で忙しくて返信遅くなってごめんね」とひとこと加えて返信する心遣いもあります。

返信がない事を気にしていた男性は、「仕事が忙しくて返信出来なかったんだな」と納得して、安心します。

慌てて返信するより、男は自分のペースを大切にしている女性に魅力を感じます。

【パターン3】カンタンに好きといわない

恋愛は2人の気持ちの比重が同じくらいバランスがとれ上手くいきます。

女性の場合、男性からアプローチされているうちに好きになっていく性質がありますが、女性が一途になり過ぎると段々と気持ちが冷めていきます。

その理由のひとつに、「女性を獲得する」という男性の競技的な要素が感じれなくなる事があります。そもそも男性は追うことにエネルギーを使うものです。「好き」を連発されると労せずに女性を手に入れたと思い、興味をなくしてしまうのです。

カンタンに好きと言わない方が返って男性の気持ちを刺激します。男が追いたくなる女性のラインとはカンタンに好きだとは言いません。

そして、ラインの会話の終わりは、「今度いつ会えるの?」のような言葉より、お相手が「待たされている」と感じるような「また連絡するね!」などの言葉を使っています。主導権が女性側にある終わり方が特徴です。

【パターン4】返信スピードが自分より遅い

追われる女性は決して連投、長文でラインを送っていません。返信スピードも男性より遅く、メッセージも少なめです。シンプルで素っ気なさを感じますが、男性は「程よい距離感」を感じます。

例えば彼女がいたとしても、キャバクラにハマる男性がいたとします。「キャバ嬢が好き」という人もいますが、クラブに足を運んでお金を払わないと会えない「レア感」や「距離感」を感じることが心地よく、ついつい通いたくなってしまいます。

【パターン5】自分の生活をあまり語らず謎めいている

男が追いたくなる女性とは謎めいている部分を持っている女性です。ラインで自分の生活をオープンに何もかも伝え過ぎると、男性の探究心が湧きたちません。

どこか探ってみたくなるうようなミステリアスな部分がある女性の方が追ってみたくなります。

あまり彼に関心を向けていると男は追いかける必要がないと感じとり、安心してしまい、興味がなくなっていきます。彼氏がいても自分のことに熱中して「私は私」とポリシーを持っている女性の方に魅力を感じます。

スポンサーリンク

男を追わせるために心がけたい4つのこと

男を追わせる女性のラインで心がけたい4つのことについてお伝えします。

(1)一方的なラインを送らない

ラインはいつでも会話できて便利ですが、一方的にマイナスな気持ちを強調し過ぎるラインを送ってしまうと受け取った側は不快な印象を持ちます。

「いつもごめんね」「私は〇〇だから・・・」などのネガティヴな内容や謝罪の文などもラインで送ることはやめて直接会った時に伝えましょう。

(2)彼が暇な時間にラインを送る

彼が暇な時間にラインが来れば、「思いやってくれている」と感じ、とても嬉しくなります。自分を気遣ってくれていることに喜びを感じます。彼に喜んでもらう為には、お相手の暇な時間を把握しましょう。

(3)褒めたり労ったりする言葉を送る

褒めたり、尊敬する言葉は男にとって、もらって嬉しいメッセージです。女性から褒められると男性は頑張りたくなるもの。又、プライドが高めの男性は、自分を立ててくれるようなメッセージをもらったら、特に良い印象を持ちます。

(4)自分の時間を楽しむ

彼がいてもいなくてもいつも自分が夢中になれる事を持っている女性は男にとって魅力的です。依存され過ぎると逃げたくなるのが男の本音。男は、依存し過ぎず、自分の時間を大切に楽しむ芯の強い女性に興味を持ち、追いかけてみたくなります。

スポンサーリンク

まとめ

男を追わせる女性のラインの5つのパターンについてお伝えしました。

恋愛において女性は一途になってしまう傾向があります。だからといって、彼を追いすぎると男は本能的に女性に興味をなくしてしまいます。

男を追わせる女性とは、謎めいた女性で探ってみたくなる心理の他、男に気遣い、女性自身の時間も大切にしている人です。ライン交換のパターンから女性の心がけで、男は「女性を追いかけたい」と感じます。好きな人と上手な恋愛をするために、ラインが楽しいツールとなるために参考にして下さい。